トップ / 食事以外の耳鳴り対策

耳鳴りとストレス解消法

食事以外の耳鳴り対策

ストレッチやツボ押しも入れて解消

耳鼻科で診察してもらっても、別に異常は見つからない。でもふとした時に起こる耳鳴りに絶えず不快感があり悩んでいる・・・このような症状の多くはストレスが原因と言われています。

生活のあらゆるシーンで疲労を感じ寝不足になることもあるでしょう。ストレス生活が続くと、自律神経のバランスが崩れて耳鳴りという症状に現れます。この体の不調が現れた時点で、かなりのストレスを精神的肉体的に感じていると思ったほうが良いでしょう。更に無理を重ねてストレスを解消できないままでいると、耳鳴りが慢性化して治りにくくなってしまいます。

また、加齢によって引き起こされる不調が原因で耳鳴りを感じることもあります。いずれにしても、耳鳴りは長く放っておく前に対処する方が良いです。生活習慣の改善と一緒に、耳鳴り対策で試したいのがツボ押しです。体には数千ものツボがあり、それぞれに痛みや症状緩和の機能があるといわれています。

耳鳴りに効果があるとされるのは「小海(しょうかい)」と言われるツボです。肘を曲げた内側にある肘骨の接合部分のくぼみにあります。入浴後や寝る前など、体がリラックスした時に、少し痛みを感じるくらいの強さで刺激します。左右各3-4回ずつが1セットです。肩こりや疲労回復にも効果があります。

耳にはたくさんのツボがあり、耳を全体的に刺激してあげるだけで血の巡りが良くなります。耳の穴近くで、口を開けたらへこむ部分の「聴宮(ちょうきゅう)」や、耳たぶの裏側の聴宮と対角線上にある「翳風(えいふう)」というツボは耳鳴りの特効薬といわれるツボです。

耳鳴りを感じた時に、小指を耳に入れて首を左右にひねると、どちらか一方向で楽に感じるというストレッチもあります。首や頭の血流を良くすると、耳鳴りが和らぐ場合がありますので、首こりや肩こりがある人は、肩甲骨から首を伸ばして張りを取るストレッチをすると良いでしょう。