トップ / 耳鳴りをよくするために

耳鳴りとストレス解消法

耳鳴りをよくするために

耳鳴りを食事で対策する

ストレスからくる耳鳴りは、血流を良くすることで緩和出来ます。そのためには、食事を見直して血行を促し、細胞の老化を防ぐ成分を積極的に取り入れることが大切です。耳鳴りのことをさらによく知りたい方はこちら。

耳鳴りと特に関連がある成分に、ビタミンB群・ビタミンB12などがあります。末梢神経の代謝を良くして、耳鳴りや難聴を改善させる効果があるとして治療薬としても取り入れられている成分です。このビタミンB12はレバー、アサリ、さんま、シジミに多く含まれているので、毎日の食事に是非取り入れたい食材です。

そして、肉体的なストレスを和らげるために、疲労回復効果が高いビタミンB1は、豚肉やゴマ、大豆に多く含まれています。ビタミンB類は、にんにくと一緒に摂取することで吸収率が5倍にもなるといわれています。体力回復のためにもにんにくを上手に取り入れましょう。

また、亜鉛にはリンパや血流を促進する効果があり、音を脳に伝える働きをする内耳の蝸牛という器官に大きく作用するといわれています。カキ・黒豆・卵黄に多く含まれており、併せて食事に取り入れたい成分です。

体を生成しているたんぱく質を作り出しているアミノ酸の中でも、特に必須アミノ酸は体内で作り出すことができず食事で補わねばならない大切な成分です。その中でもトリプトファンというアミノ酸は、自律神経を調整するセロトニンという物質を作り出します。自律神経の乱れからくる耳鳴りには、たんぱく質を多く含んでいる肉や魚、乳製品や大豆、そして黒酢が有効です。

活力となる油脂類は体に必要な要素ですが、とりすぎは反対に血流を悪くしてしまいます。血管が硬くなり動脈硬化の原因にもなりますので注意が必要です。魚介干物は老廃物を体内に多く作り出してしまいリンパを滞らせる原因となるので控えたほうが良いでしょう。また、嗜好品のたばこは、ニコチンが血管を収縮させてしまうため、血流が悪くなり耳鳴りを悪化させてしまいます。コーヒーは神経を刺激するカフェインを含んでおり、自律神経を乱す元となるので、控えめにしましょう。